ビカクシダを板に着生させてみた

スポンサーリンク

ビカクシダは今までなんとく興味が薄くて、育てたことがありませんでした。

でもふと立ち寄ったホームセンターで、298円と格安で売られていたので買ってしまいました。

たぶんビフルカツムです。葉に毛が生えていて、銀葉っぽくてカッコいいです。

Platycerium bifurcatum?

育て方を調べていると、どうやら板に着生ができるようです。

せっかくなので自分で板から作ってみました。

板はおしゃれな感じにくり抜きました。盾をイメージしてます。

中心の穴は通気用、周りの穴は固定するために紐を通す穴です。

クラシックな感じを出すため、杉板はバーナーで焼き、金属ブラシで磨きました。すでにおしゃれ感だしてます。

ビカクシダをポットから出して、出来る限り土を落とし、水苔で巻いていきます。

水苔はAAAを使いました。長くて巻きやすいです。

ビカクシダは成長点に向きがあるようで、下の写真のように成長点が上にくるようにします。

成長点は傷つくと再生しないそうなので、作業中は注意です。

ビカクシダの成長点

あとは麻紐でUの字になるよう紐を通し、ビカクシダを固定します。

穴か若干小さくて通しにくかった…穴の数も、もっとあった方がよかったな…

そうこうしているうちに完成です。

圧倒的おしゃれ…!葉が若干下向いてるけど、成長すると修正されるはず。

うまく育つかな〜

Translate »