アネモネ コロナリア ダブル 開花

スポンサーリンク

吹詰咲きアネモネと呼ばれる雄しべも雌しべもすべて花弁化したアネモネです。

Anemone coronaria forma. flore-pleno

雄しべも雌しべもないことから、種で殖やすことが出来ないため、栄養繁殖のみで増やされてます。

今は赤色しか残っていませんが、昔の植物画を見ると紫や白色もあったようです。

目が眩むような鮮やかな赤です。なぜか芯が2つある…

初めて見たとき、アネモネには見えなくて、驚いたのを覚えています。

よく見ると、花弁の裾は白色です。

左は普通の原種系アネモネです。比べてみると、雄しべは小さく花弁化しており、上から主に見えるのは雌しべが花弁化したもののようです。

よく見たら、顎(?)の部分も一部花弁化してました。どんなけ花弁化したいんだ…

終わりかけになるとアネモネとはとても思えない形になります。どんどん変化していって面白いですね。

Translate »