シルバーヒル(Silverhill SEEDS)から種を輸入してみた

スポンサーリンク

南アフリカ植物にハマると、いつかは目にすることになるであろう「シルバーヒル」

シルバーヒル(Silverhill SEEDS)は南アフリカにある会社で、南アフリカの野生植物の種子を世界中に届けてくれています(※自然破壊しないように採取しているようです)。

種は毎年採取した新鮮なもので、品質も高く、値段も1パッケージ4ドルと安価です。

今日、日本でこれほど南アフリカの植物が手に入るのは、シルバーヒルのおかげかもしれません。

これまで何度かヤフオク経由でシルバーヒルの種を播いてきましたが、今回自分で輸入してみました。

スポンサーリンク

シルバーヒルのホームページ

ホームページは21年春にリニューアルされ、以前より商品が検索しやすくなりました。

右上にある空欄の「search products」から検索できます。

シルバーヒルは商品に花の写真がないことが多いのですが、これから拡充していく予定だそう。

野生地の写真なので、栽培のヒントになりそうですね。

また、リニューアルして以前と注文システムが変わったようです。

注文の前の注意点

注文の前に調べておいた方が良いことがあります。それは南アフリカの国際郵便が機能しているかです。新型コロナの影響で国際郵便の状況は刻々と変わっています。郵便局のホームページから状況を調べてから輸入した方が良いと思います。

注文

注文は普通のショッピングと変わりありません。カートに商品を入れていき、チェックアウトするだけ。種だけでなく本も買えるみたいですね。

種は基本は1パッケージ単位(何粒かは種類で変わる)ですが、100粒単位やg当たりなどで選べる場合もあるようです。

ここで一つ忘れていけないのはshopのotherカテゴリーにある検疫証明書(Phytosanitary Certificate(30$))を注文することです。これがないと輸入できません。

チェックアウトでは住所などを入力していきます。Create an accountでアカウントも作成できます。

配送方法は南アフリカ郵便(SA POST Office)を選びました。追跡も付いているようです。

Send quoteで注文が即送られるのでよく確認してから押しましょう。

注文するとすぐに自動返答のメールが送られてきます。実はこの地点ではまだ注文が確定されてません。後に商品が品切れで減ったりします。

支払い

注文から10日程すると送料が確定し、支払うようメールがきます。この時点で初めて注文が確定されます。メールがなかなか来なくて、もやもやしますが、混み具合で遅くなるようです。

以前は普通のネットショッピングと同じように注文してすぐに送料の計算ができていたそうなんですが、新システムになり、まだ対応できていないそうです(種によって重量が異なるのでの送料の計算がうまくできないとか)。これはこれから対応していくものと思われます。もしかしたら、もう変わってるかもしれません。

支払いはpaypalが基本になると思います。念のため、メモ欄に注文番号を入力して支払いました。ちなみにドルはUSドルです。

送料は8パッケージで15ドルでした。

発送

注文から1か月半ほどで、発送の連絡がありました。検疫証明書の取得に時間がかかるようです。

到着

注文から3ヶ月半経って注文したことも忘れかけていたある日、突然荷物が届きました。

正直完全にロストしてしまったと思っていたので、びっくりしました。

追跡を見ると南アフリカのままで機能していない…汗

種は茶色の小包に包まれています。小さな種はさらに薬包紙に包まれてます。丁寧!

感想

届いた商品は丁寧に梱包されていて良かったです。

ただ正直こんなにも発送・到着に時間がかかるのは予想外でした。コロナの影響でしょうか。播種時期を考えて輸入する必要がありそうですね。

でもメールでやり取りした感じでは、ちゃんと質問にも返信してくれて、良い感じがしました。

Translate »